スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#


#


竜「なにをしに、ココにきた?」村娘「食べられに」

引用元: http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1351682959/
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/31(水) 20:29:19.11 ID:N3h+nOo40

<村>

村娘「あの……なにかお手伝いできることは──」

村人A「ふん、魔女の娘に手伝ってもらうようなことはねぇよ!」

村人B「けがらわしい……」

村娘「は、はい……」

村人A「図々しい女だ!」

村人B「あっち行けよ」シッシッ

村娘「……すみません」スタスタ


半兵衛「よ、良晴さん……! も、もうっ!」

引用元: http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1351632737/
6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/31(水) 06:39:29.66 ID:KjbNUk6Y0

半兵衛「も、もう……! 最近戦がないからって良晴さん、気が緩んでますよ!」

半兵衛「いつ戦が起こるか分からないのに……」

良晴「でも少なくとも今は戦争だって起こって無いんだ、ちょっとくらいいいだろ?」

半兵衛「ちょ、ちょっとくらいって……ここ数日そう言って毎日いきなり背後から抱き付いて」

良晴「嫌か?」

半兵衛「い、嫌じゃありませんけど、くすん」


エルフ「見ないで……」

引用元: http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1350994639/
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/23(火) 21:17:19.59 ID:9e5fPOZm0


「お願いだから……」
 屋敷の地下牢に繋がれた彼女は、目を伏せてそう懇願した。
 信じられないくらい悲痛な声で、少年の心まで潰してしまいそうな程だったけれど、それでも彼は目をそらせなかった。
 とても綺麗だったからだ。


#

鍛冶師「人里離れた所でひっそりと暮らしてる」

引用元: http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1349434099/
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/05(金) 19:48:19.40 ID:nHn9qioj0

天の日 晴

ここ最近天候が悪かったが、これでようやく畑仕事ができる。

最近は依頼が少なく、収入が心許無いがのんびりとやれるのはいい事だ。

だが、空に陰りがあるし今日のうちにある程度収穫しておかないと、また雨の中で収穫しなくてはならなくなる。


メリー「今あなたの後ろにいるの」武術家(殺気ッ!?)

引用元: http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1348482771/
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/24(月) 19:32:51.65 ID:mO0vpL2x0

友人「いよいよ一ヶ月後だな」

友人「全日本格闘大会!」

武術家「ああ、日頃からの鍛錬の成果を満天下に知らしめる絶好の機会だ」

友人「優勝候補は俺とお前、あとは……空手家と紳士ってとこか」

友人「実質この四人での大会になりそうだな」

武術家「油断していると、意外な相手に足をすくわれるかもしれんぞ」

友人「ハハ、分かってるって」

友人「俺としては、お前とは決勝で当たりたいもんだぜ」

友人「──ところで、こないだお前の家の前を小さな女の子がうろうろしてたけど」

友人「もしかして、お前のファンなんじゃないか?」

武術家「女の子が? まさか……たまたまだろう」


#

#

#


アイマス

皇帝「ど、ど、ど、ど、童貞ちゃうわ!」

引用元: http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1347273290/
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/10(月) 19:34:50.78 ID:xnzKhJky0

<帝国城>

皇帝「ど、ど、ど、ど、童貞ちゃうわ!」

側近「どうしたんですか、いきなり」

皇帝「今、俺に向かって、童貞といっただろう!」

側近「童貞ではなく、皇帝陛下と申し上げたんですよ」

皇帝「あ、そうだったのか……すまんな」

側近「いえいえ」

側近「でも皇帝陛下って──」

側近「童貞ですよね」