スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

玄「彼女居ない歴0年です!」


智葉「……ついてくんな!」照「……」


ダヴァン「Fucking Jap」


煌「スバラーメン作ってみましたが」


淡「中間試験?」


えり「今度結婚することになりました」咏「えっ」 side-B


桃子「ステルス講座を開講したら予想外に人が集まったっす」


淡「まーじゃん大学だよ!全員しゅうごうっ!」

健夜「私がアイドル?」

引用元: http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1352568454/
4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/11(日) 02:28:29.79 ID:gdfyQ2Ow0

09:00時 小鍛治宅

健夜「ふぁ~あ…」

健夜「今日はオフの日…こうしていつまでも惰眠を貪れる…」

健夜「願わくば…ずっとこの瞬間が続けばいいのに…」

健夜「スヤァ…」


テレテレン♪テレテレン♪テレレテンテンテンテン♪チョウテンマデアトーヒトイキー


健夜「んん…携帯…誰からだろ…」

恒子「あ、すこやん?ちょっと大事な話があるんだけど!」

健夜「んー…恒子ちゃん…何ー?」

恒子「あのさ、すこやんってアイドルに興味ない?やってみない?え!?いいの!?オッケー!
   事務所にもそう言っておくね!んじゃまた!」プツッ

健夜「は…!?ちょっ恒子ちゃん!?恒子ちゃん!?どういうこと…!?」

健夜「ちょっ…切れちゃった…」


美穂子「上埜さんが小さくなったですって!?」

引用元: http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1352467415/
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/09(金) 22:23:35.69 ID:RQaSun410

霞「ふむふむ、コレとアレとソレを混ぜて…」

霞「最後はお日様に、3時間ほど浴びさせると完成なのね」



霞「ふふふ、出来た!滝見家、秘伝の若返り黒糖!」

霞「これを一粒食べるだけで、10歳は若返ると言う…」

霞「これで、もう私をババァだなんて言わせないわよ!私は正真正銘の10代なのよ!」


咲「宮守の控え室でかわいがられた……」

引用元: http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1352299356/
15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/08(木) 00:25:23.40 ID:ql4BODVdO

豊音「宮永さんちょーかわいいよー」ギュッ

胡桃「豊音!私にも充電させて」

塞「確かにかわいいわね」

シロ「だる可愛い……」

エイ「!」カキカキバッ

シロ「咲ちゃんハーレム…」

エイ「」コクン

咲「ふえぇ」


久「愛と知っていたのに、春はやってくるのに」

引用元: http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1352293950/
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/07(水) 22:12:30.86 ID:xgFA1T6W0

竹井久、18歳の春


咲・和「部長、卒業おめでとうございます!」

優希「おめでとうだじぇー」

久「ありがとう、最高の高校生活になったわ。貴方達が居てくれたおかげよ」

まこ「おーい、わしは?」

久「ふふふ、もちろんまこもよ。麻雀部の部長、頑張ってね」

まこ「おぅ。今年もまた全国大会に出たいからのぉ」


淡「スミレは、テルが好きなんでしょ?」

引用元: http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1352315172/
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/08(木) 04:06:12.33 ID:x38i2bGk0

A1

白糸台の部室にある、一つの個室、一つの棚。
専ら虎姫が使用しているこの個室、その棚には、大量のお菓子が備え付けてある。
甘いお菓子、特に和菓子なんかは、タカミが持ってきてくれるお茶によく似合う。
 
私はたまに、この棚に細工をする。
開けたら崩れる配置にわざとしたり、そのお菓子を勝手に食べてしまったり。
それをする度に、スミレに怒られる。
私達のリラックスのためだと、部費で購入してくれているこれらの物だ。
部長であるスミレにとっては、悪戯されてはたまらないものなのだろう。

だから、私は悪戯をする。

今日の悪戯は、自分でもなかなかいい出来だと思えた。
下準備に和菓子の包み紙を丁寧に剥がして、紙箱を開封して、中のお菓子を全部食べてやって。
そうして、箱の底に文字を書いて、その文字を覆うように紙を貼って。
適量の重りを入れて、先述の包み紙の、折れた跡に従いつつ包装する。
最後に紙をテープで貼って終了。
なんだか、職人にでもなった気分だった。

中にあった饅頭は、確かに美味しかったけれど。
その具体的な味は、ついに思い出すことができなかった。


久「見つめ合うと素直にお喋りできない…」

引用元: http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1352122388/
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 22:33:08.84 ID:eQxu7YjY0

久「うーむ、電話かけるべきか…。かけないべきか…」

久「うーん」

久「うむむ」

久「うがー」


ゴロゴロ

久「あーもう!電話かけるだけで、何でこんなに緊張するのよ!」


衣「りゅーか!」竜華「ほんまこどもみたいやな」クスクス

引用元: http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1352037938/
8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/04(日) 23:12:26.45 ID:QmDuxoB10

衣「こどもじゃない!衣だ!」プンプン

竜華「はいはい、、今日は何して遊ぶん?」

衣「麻雀!」

竜華「…またかいな」

竜華「衣はほんまに麻雀がすきやなぁ」フフッ

衣「…嫌か?」


白望「妊娠した」塞「!!?」ガタッ

引用元:
2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 03:16:30.70 ID:4rlDIEXs0

塞「誰との子供!?」

白望「塞との」

塞「私生えてないよ!?」

白望「ほら、お腹撫でてみて」

塞「話聞いてよ!って、マジで膨らんでる!?」

白望「5ヶ月目のお腹」

塞「どういうことなの…」


優希「麻雀上手くなったな、京太郎!」京太郎「そうか?」


引用元: http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1352007108/
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/04(日) 14:31:48.10 ID:3RAj01jw0

優希「おりゃー! ロンだじぇー!」

京太郎「おいおい……まだ5巡目だぞ……」

優希「アタシにゃタコスがついてるからなっ!」

京太郎「それ作ったの俺なんだけどな」

優希「うま~♪」モグモグ

京太郎「あ~……でもやっぱ東場はお前に勝てないなぁ」

優希「ん~……でも、お前も随分上手くなったと思うぞい?」

京太郎「おお、そう思うか?」

優希「んまっ! お前がアタシに勝つなんて1万光年早いけどな!」

京太郎「………」

優希「………」

京太郎「光年は距離だぞアホ」

優希「う、うるさいじぇ! 今気づいたわ!」

京太郎「おお、自分で気づけたとは。偉いぞ優希」ナデナデ

優希「ぬが~! 腹立つじぇ~!!」